助成金について自分の自治体に確認をしておこう

助成金について自分の自治体に確認をしておこう


助成金について自分の自治体に確認をしておこう
売電という言葉が頻繁に報道されるようになり、太陽光発電の設置が続々と進んでいます。
そう太陽光発電によって作り出された電気は固定価格買取制度によって売ることが出来るのです。地方の自治体でも太陽光発電の助成金制度が実施されてきていますが、全ての自治体で実施をしているワケではありません。
まずは国の導入助成枠が無くなってしまった際には、自治体で申請可能な助成制度が無いかを事前に確認しておきましょう。国の助成金制度とは違い太陽光発電システム以外にエコキュートなどもあります。
またその他の省エネ設備と一緒に設置しなければ助成金制度を受けることの出来ない自治体もありますのでご注意ください。
企業の太陽光発電は当然のこと、最近では一般家庭における太陽光発電の設置が行われています。
太陽エネルギーで作られた自然エネルギーは、電力会社に売ることも出来るので大変オトクで便利なのです。助成金制度で東京都を例にしますと、助成金の申請は太陽光発電の工事が完了してシステムの稼働開始後となります。
ですからJ-PECへの申込が受理されなかったとしても、自治体助成金の申請には間に合うことがあります。







助成金について自分の自治体に確認をしておこうブログ:20220925

個人差はありますが、
一般にシェイプアップ成功の目安は
3ヶ月といわれています。

この3ヶ月。
何気ない数字ですが
実はシェイプアップを行う上で
成功の秘訣といっても過言ではないんですよね。

実際、
シェイプアップに関するアンケート調査では、
シェイプアップに成功した人の継続期間は、
3ヶ月を境にグッと成功する確率がアップしているという
結果が出ています。

理由としては
やはりシェイプアップをある程度続けることで
自分のペースが掴めてくることが挙げられます。

ペースが掴めると
ストレスを溜めることも少なくなり、
シェイプアップも楽しくできるようになるんですよね。

シェイプアップを始めた直後は、
とてもつらかったり、やめたかったりするけど、
シェイプアップも生活の一部として、
早く慣れさせてしまえば「つらくない!」
…これが上手く続けていける秘訣でしょう。

一方、
シェイプアップに失敗した人の
継続期間はというと…

1ヶ月以内しか続かない人は
ことごとくシェイプアップに失敗しているんですね。

やっぱり、
何年もかけて肉体に蓄積された脂肪を、
たったの1ヶ月で燃焼させようなんて、
さすがに虫のいい話しなんですね。

やはり成功者に見習い
3ヶ月は続けるのがベストだと思います。

短期間で結果を求めるのではなく、
始めからこの3ヶ月という数字を意識して
シェイプアップに取り組んでみるのがオススメですね。

目標を「1年」なんて
長期にするのも一つの手かも知れませんが、
3ヶ月という少し短めにすると
何となく続けられるような気がしませんか?

シェイプアップを楽しみながら、
カレンダーに印をつけていくのもいいかもしれませんね。

助成金について自分の自治体に確認をしておこう

助成金について自分の自治体に確認をしておこう

★メニュー

投資として太陽光発電を考える
優良会社を紹介している一括見積もりサイトを利用しよう
最近になって太陽光発電の設置費用が低下
太陽光発電の電力確保量はケースバイケース
太陽電池を利用して発電する太陽光発電
助成金について自分の自治体に確認をしておこう
国が実施している太陽光発電の普及支援
太陽光発電はオーダーメイド商品と考えよう
訪問販売ではなくインターネットを利用しよう
気温ではなく晴れの日が多い地域が有利


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)優良で信頼出来る太陽光発電をご検討