気温ではなく晴れの日が多い地域が有利

気温ではなく晴れの日が多い地域が有利


気温ではなく晴れの日が多い地域が有利
自然の力である太陽光発電というのは、今考えられる一番の節電対策の一貫と言えるでしょう。
環境破壊も起こさず、しかも安全な太陽光発電は、今まさに最も注目をされている自家発電システムなのです。太陽光発電は当たり前のことですが太陽の光を利用することによって電気を作ります。
このことから南の地方へ行けば行くほど発電量が多くなると考えてしまいますが決してそういうワケではないのです。日本の場合ですと、太陽光発電を設置するのにちょうど適した場所が静岡県や愛知県と言われています。
安定的に温かいエリアであり、晴れが多い地域ということで発電量が多くなっているのです。
これからの日本、いや世界というのは原発に依存をしない再生可能エネルギーを利用した電力が必要となります。
地球環境、そして個人での社会貢献などを考えた時、太陽光発電が最も効果的となるのです。暑過ぎる地域はあまり良いことではなく、実際は北海道と沖縄で発電量に大差は無いのです。
つまり極端に暑ければ太陽光発電の効果がアップするという問題でもないワケです。





気温ではなく晴れの日が多い地域が有利ブログ:20220917

ベロの役割といえば、
まずは「甘い」「苦い」などの味を感じる、
「味覚」でしょう。

しかし、
ベロにはそれ以外にも大きな役割があります。

外国語を学ぶと、
日本語にはない発音に
ベロをどう動かしてよいかわからないことってありますよね。

つまり、
ベロには「発音を左右する」という
重要な役割があったのです。

なので、
「クチ」と同様に「言葉の代名詞」のように
表現されることが多くあります。
「ベロの根も乾かぬうちに」「ベロったらず」などの
言い回しはよく使われていますよね。

「言葉を操る」という柔らかなイメージに反して、
人間のベロはそのほとんどが筋肉からできています。
縮める、丸めるなどの複雑な動きも、
筋肉だからこそなせる技…というわけです。

一方、「味覚」という大役は、
ベロの表面の「味蕾」がその役を担っています。

味蕾の数は、乳児期には約1万個。
ほっぺたの内側や唇にも味蕾が存在しています。

それに対して、
成人になると7,500個ほどに
減少してしまうと言われています。

赤ちゃんは大人よりも微妙な味の違いがわかる…
ということになりますね。

ほんの少しの異物もからだの中に入れないよう、
赤ちゃんに備わった力なのかもしれません。

ちなみに
驚異的な数の味蕾を持っている生き物がいます。
それは、ナマズ。

ナマズにはウロコがなく、
からだ全身が約17万個もの味蕾で覆われているそうです。

濁った水の中でもエサを感知するために発達したと考えられていますが、
からだ全身で味を感じるなど、想像もつきませんね。

ボクたち人間は、
味を感じ、言葉を操ることのできる器用なベロを持っています。

その機能を十分活かして、
味わい深い毎日をおくりたいものですね。



気温ではなく晴れの日が多い地域が有利

気温ではなく晴れの日が多い地域が有利

★メニュー

投資として太陽光発電を考える
優良会社を紹介している一括見積もりサイトを利用しよう
最近になって太陽光発電の設置費用が低下
太陽光発電の電力確保量はケースバイケース
太陽電池を利用して発電する太陽光発電
助成金について自分の自治体に確認をしておこう
国が実施している太陽光発電の普及支援
太陽光発電はオーダーメイド商品と考えよう
訪問販売ではなくインターネットを利用しよう
気温ではなく晴れの日が多い地域が有利


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)優良で信頼出来る太陽光発電をご検討