太陽光発電の電力確保量はケースバイケース

太陽光発電の電力確保量はケースバイケース



太陽光発電の電力確保量はケースバイケースブログ:20201218


おととい、母とケンカになりました。
理由はささいなことです。

ケンカはすぐに収まりましたが、それがきっかけになったのか、
ぼくの心の中で、もう解消したはずのわだかまりが一気に噴き出してきて、
悶々とする日々を送るはめに…

「ミイラ捕りがミイラになる」とはこのことか…と、苦笑しつつ、
あれこれと考え事が続きました。

同時に、弟のことを思いました。

数年前に弟に
「姉ちゃんは何もわかっていない。
オレがどれだけ姉ちゃんのことを心配していたか!」と、
えらい責められたことがありました。

その場はともかく「ごめんね」と謝りましたが、
どこかピンときていませんでした。

頭ではわかっていたんですよ、
優しい弟だから、
ぼくがつらそうな時は心配してくれていただろうなぁ…と。

でも、
ぼくがどんなに苦しい思いでぼくを心配してくれたか…ということは、
どうもわかっていなかったようです。

今回、
過去の自分の「つらかった気持ち」を
素直に受け止めることができた感があったとき、

「あ、弟も、本当にすごくつらかったんだな」と、
つくづく思ったのでした。

その数日後、たまたま弟に会う機会があったので、
「心配してくれてありがとう、長いこと気がつかなくてごめん」
ということを話しました。

弟には、
「うんまあ、オレ的には今はもうわだかまりはないよ、
姉ちゃんもこれでひと段落ということでいいんじゃない」
みたいなことを言われました。

自分の気持ちがよくわかったら、
父や母、お姉さん、弟…
家族みんなの気持ちもわかる感じがして、
自分でもひと段落、ああ、人生の棚卸しをしたような気分になりました。
太陽光発電の電力確保量はケースバイケース

太陽光発電の電力確保量はケースバイケース

★メニュー

投資として太陽光発電を考える
優良会社を紹介している一括見積もりサイトを利用しよう
最近になって太陽光発電の設置費用が低下
太陽光発電の電力確保量はケースバイケース
太陽電池を利用して発電する太陽光発電
助成金について自分の自治体に確認をしておこう
国が実施している太陽光発電の普及支援
太陽光発電はオーダーメイド商品と考えよう
訪問販売ではなくインターネットを利用しよう
気温ではなく晴れの日が多い地域が有利


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)優良で信頼出来る太陽光発電をご検討