太陽光発電の電力確保量はケースバイケース

太陽光発電の電力確保量はケースバイケース



太陽光発電の電力確保量はケースバイケースブログ:20180616


俺と祖母には、
遠い昔に因縁の対決がありました。

それは、
俺が5歳になるかならないかの頃、
4歳上の姉貴と一緒に祖母の家にお泊りにいった時のこと…

俺にとっては、
生まれて初めてのお泊りで、
ウキウキしながら行ったはずの祖母の家なのに、

夕方になるにつれて、あたりは暗くなり
玄関に置いてあるお面が黒光りし、
だんだん怖くなって家に帰りたくなります。

とうとう、耐えられなくなった俺は、
「うえぇ~ん、家に帰る、このうち怖ーい!」

こうなったら、居てもたってもいられません。
もちろん、そこにいる保護者である祖母は
出て行こうとする俺を必死に止めます。

しかし、その時の俺には、
「怖いところに押しとどめようとする鬼ばば」
にしか見えません。

大人になった今なら、止めて当たり前だと思うのですが、
出ていくことに必死の俺は、
とうとう暴言を口にします。

「おばあちゃんなんか大嫌い!!」

俺にそう言われて、本気を出す祖母、

「俺も、あんたのこと好かんわね、あんたなんか泊りにこなくていい!」

ガーン、幼かった俺にはショックな一言でした。
結局、泊まらず
母に迎えに来てもらって家路についたのでした。

それから20年以上、
俺は祖母の家には行くけども
どこか近づきにくい存在になっていました。

おそらく、祖母に嫌いと言った俺は
好かれるわけがないというのが
心のどこかにずっとあったようです。

それまでの俺は、
拒絶されることが怖くて、
祖母の顔をよく見ることができませんでした。

20数年間怖くて見ることが出来なかった祖母の顔は、
とっても愛おしい表情でした。

俺は今までもったいなかったなと思いつつ、
勇気をもって顔をあげることができて
よかったなと思っています。


太陽光発電の電力確保量はケースバイケース

太陽光発電の電力確保量はケースバイケース

★メニュー

投資として太陽光発電を考える
優良会社を紹介している一括見積もりサイトを利用しよう
最近になって太陽光発電の設置費用が低下
太陽光発電の電力確保量はケースバイケース
太陽電池を利用して発電する太陽光発電
助成金について自分の自治体に確認をしておこう
国が実施している太陽光発電の普及支援
太陽光発電はオーダーメイド商品と考えよう
訪問販売ではなくインターネットを利用しよう
気温ではなく晴れの日が多い地域が有利


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)優良で信頼出来る太陽光発電をご検討