助成金について自分の自治体に確認をしておこう

売電という言葉が頻繁に報道されるようになり、太陽光発電の設置が続々と進んでいます。
そう太陽光発電によって作り出された電気は固定価格買取制度によって売ることが出来るのです。地方の自治体でも太陽光発電の助成金制度が実施されてきていますが、全ての自治体で実施をしているワケではありません。
まずは国の導入助成枠が無くなってしまった際には、自治体で申請可能な助成制度が無いかを事前に確認しておきましょう。国の助成金制度とは違い太陽光発電システム以外にエコキュートなどもあります。
またその他の省エネ設備と一緒に設置しなければ助成金制度を受けることの出来ない自治体もありますのでご注意ください。
企業の太陽光発電は当然のこと、最近では一般家庭における太陽光発電の設置が行われています。
太陽エネルギーで作られた自然エネルギーは、電力会社に売ることも出来るので大変オトクで便利なのです。助成金制度で東京都を例にしますと、助成金の申請は太陽光発電の工事が完了してシステムの稼働開始後となります。
ですからJ-PECへの申込が受理されなかったとしても、自治体助成金の申請には間に合うことがあります。

 



助成金について自分の自治体に確認をしておこうブログ:20220504

わしたちのわしって、
血液中のブドウ糖の濃度が低い時(血糖値が下がった時)に
「ウエストがすいたなぁ〜」と感じ、
食べ物を食べて血糖値が上がると、
「ウエストがいっぱいになった」と感じるように
できているんですよね。

だから、
ウエストがすいているのに我慢していると、
血糖値が下がり過ぎちゃうので、
ご飯を食べる時、ついつい食べ過ぎてしまうんです!

そこでわしは、
ご飯の前にウエストがすいてしまったら、
あめ玉を一つ舐めるようにしています。

あめ玉は比較的カロリーは少なめなのに、
早めに分解されて血中に取り込まれるので、
血糖値も安定して、
ウエストがすき過ぎるということを回避できるんですよね。
結果、食べ過ぎも防ぐことが出来るのです。

ダイエット中は、
甘いものなどのおやつ類は厳禁と思われがちですが、
これらもうまく利用すれば、
逆にダイエットに役立つというわけですね。

また
我慢だけのダイエットで、
ストレスが溜まりがちになるのも避けることが出来るんです。

ストレスが溜まり過ぎると、
満腹感を得ることが出来にくくなり、
ご飯の食べ過ぎにつながったりします…

無理に我慢せず、おいしいものを食べると満腹中枢を刺激して、
食べ過ぎを防ぐことも出来るのです。

おいしいものを食べたり、好きなものを食べたら、
次のご飯は少し意識的にカロリーコントロールする…
と言ったふうに、
ただ闇雲に我慢するだけでなく、
トータルで帳尻を合わせれば、それでいいのです。

とりあえず、
あめ玉はダイエットの強い味方ですよ!

みなさまも、是非お試しくださいね!