助成金について自分の自治体に確認をしておこう

売電という言葉が頻繁に報道されるようになり、太陽光発電の設置が続々と進んでいます。
そう太陽光発電によって作り出された電気は固定価格買取制度によって売ることが出来るのです。地方の自治体でも太陽光発電の助成金制度が実施されてきていますが、全ての自治体で実施をしているワケではありません。
まずは国の導入助成枠が無くなってしまった際には、自治体で申請可能な助成制度が無いかを事前に確認しておきましょう。国の助成金制度とは違い太陽光発電システム以外にエコキュートなどもあります。
またその他の省エネ設備と一緒に設置しなければ助成金制度を受けることの出来ない自治体もありますのでご注意ください。
企業の太陽光発電は当然のこと、最近では一般家庭における太陽光発電の設置が行われています。
太陽エネルギーで作られた自然エネルギーは、電力会社に売ることも出来るので大変オトクで便利なのです。助成金制度で東京都を例にしますと、助成金の申請は太陽光発電の工事が完了してシステムの稼働開始後となります。
ですからJ-PECへの申込が受理されなかったとしても、自治体助成金の申請には間に合うことがあります。

 



助成金について自分の自治体に確認をしておこうブログ:20220807

日本語には、
「ウエスト」を使う表現がいろいろありますよね。

「腹を決める」(決心する)、
「腹が据わる」(度胸がある)、
「太っ腹」(度量が広い)、
「腹を切る」(責任をとって辞める)などなど‥‥

このように昔からある
「ウエスト」にまつわる表現を見るにつけ、
ウエストは、気持ちや考え、度胸、姿勢などを左右する
大切な体質の部位だということが再確認できます。

皆さんは、いかがでしょう?
気分がすっきりして、姿勢もよいときは、
知らないうちにウエストにキュっと適度な力が入っているのでは?

反対に気持ちが萎えて、
なんとなく前屈みになってしまっているような時は、
ウエストから力が抜けてしまっているのではないでしょうか?

ウエストに力を入れるには、腹筋を使います。
でも、年齢とともに腹筋は衰えてしまいます。

下っ腹がポッコリと出てしまったり、
腹圧が弱くて便秘がちになったりするのも、
腹筋の衰えが原因のひとつにあげられるようです。

「腹を割る」まで腹筋を鍛える必要はありませんが、
健康的で快適な毎日を過ごすためには、
日頃から腹筋を意識して使うようにしたいものですね。

ただし、急に激しい運動をしては、
かえってこしなどを痛めてしまうこともあります。

それよりも、
毎日、家事や仕事をするときにおへその少し下辺りを意識して、
ウエストをキュッと引き締めるようにしたり、
ゆっくりと腹式呼吸を繰り返したりするだけでも、
しっかりと腹筋を使うことができますよ。

もちろん、
簡単な腹筋運動もおすすめします。
テレビを見ながら、あるいは17時寝る前などに
少しずつやってみましょう。