気温ではなく晴れの日が多い地域が有利

自然の力である太陽光発電というのは、今考えられる一番の節電対策の一貫と言えるでしょう。
環境破壊も起こさず、しかも安全な太陽光発電は、今まさに最も注目をされている自家発電システムなのです。太陽光発電は当たり前のことですが太陽の光を利用することによって電気を作ります。
このことから南の地方へ行けば行くほど発電量が多くなると考えてしまいますが決してそういうワケではないのです。日本の場合ですと、太陽光発電を設置するのにちょうど適した場所が静岡県や愛知県と言われています。
安定的に温かいエリアであり、晴れが多い地域ということで発電量が多くなっているのです。
これからの日本、いや世界というのは原発に依存をしない再生可能エネルギーを利用した電力が必要となります。
地球環境、そして個人での社会貢献などを考えた時、太陽光発電が最も効果的となるのです。暑過ぎる地域はあまり良いことではなく、実際は北海道と沖縄で発電量に大差は無いのです。
つまり極端に暑ければ太陽光発電の効果がアップするという問題でもないワケです。

 



気温ではなく晴れの日が多い地域が有利ブログ:20230120

腹をへこませるということは、
最終的には、腹についた脂肪が減って、
体重も減少するということです。

体重を減少させる最大の要因は
消費カロリーと摂取カロリーのバランスです。

消費と摂取のバランスが良く、必要な分だけ食べていれば、
太りもしないし、痩せもしないとなるわけです。

自分として一定の体重を維持していくことが、理想的な状態で、
ダイエット成功後には、
この状態を続けていくことが大切になります。

人間の体質は、加齢と共に基礎代謝が低下します。
その分、食べる事量を減らさなければ太ってしまいます。

若い時と、年をとってからでは運動量も違います。

年齢的に代謝が落ちても
以前とほとんど同じ量の食べる事を食べていては、
摂取カロリーが多くなって太りやすくなります。

個人的な体質にもかなりの差があります。
同じ量の食べる事を食べてもどれだけ吸収するか、
運動にしても消費カロリーは同じではありません。

なので、
自分の体質に合った方法でダイエットすることが大切です。

もうひとつ大切なことがあります。
それは、
「ダイエット=苦しい」と考えていたのでは、
成功は望めないということです。

ダイエット中は苦しいと思う人がほとんどですが、
実質的には、何の我慢もしていないのではないのでしょうか?

必要以上につい食べ過ぎてしまった自分に対して、
自己嫌悪になるのが苦痛なだけで、
ダイエットの苦しみとは関係ないのではありませんか?

苦しいな…と思うから
ダイエットが最後まで続かないのです。
急激に体重を落とそうとするから辛くなるのです。

一ヶ月に1〜2キロを確実に減らしていけば、
一年で20kg前後のダイエットになります。
ゆっくり確実なダイエットを心がけるべきです。