太陽光発電の電力確保量はケースバイケース

これまでの日本という国は世界でもトップクラスの原発に依存をしている国だったのです。
しかしもう原発の時代は終焉を迎えました。これからは太陽光発電によって安心安全の電気作りなのです。太陽光発電を使用して電気を売って利益になるということはあまりありませんが、場合によっては利益を出すことが出来ます。
しかしそれがどの程度の金額になるのかということは、天候や規模などで大きく異なっています。太陽光発電を設置する時に余裕のあるシステムを搭載しておくことで、買電と売電の差が0円となることはよくあります。
今の固定買取制度の売電単価から考えてみますと、買いと売りが逆転しているので儲けを出すことが出来るのです。
これからの世界は恐ろしい原子力から卒業し、自然の力を最大限利用した電力事情が求められてくることでしょう。
人類の力では原子力の暴走を抑えることが不可能であることから太陽光発電の導入が加速しているのです。電池モジュールを搭載していることから、毎月最低これだけの儲けが見込めるという計算は確かに出来ます。
ただし天候で大きな差が出てきますし、生活環境によってもそれは変わってくるのです。

 





エステティシャンチェック
エステティシャン
URL:http://www.dietacademy.jp/sikaku/


太陽光発電の電力確保量はケースバイケースブログ:20220815

結婚して落ち着いた頃、
珍しく父親から電話があった。

「そこの住所を言ってみて」
知らないはずは無いのに唐突に父親が言った。

「うん、確かに間違いない」と
電話の向こうでお母さんとの話し声が聞こえる。
「手紙を書いて送ったのに戻ってくるんだよ。
住所も間違いないし、どうしてなのか分からないから、もう一度投函してみる」
と言って電話が切れた。

数日後、新居のアパートの小さなポストに、
父親からの大きな茶封筒が在った。

無事に届いたじゃないの…と思いつつ封を切ったら、
中から封筒に入ったままの手紙が出てきた。

「宛先にたどり着けない」という旨の朱色のスタンプが
白い封筒に色鮮やかに押されてあった。

「戻ってきたその手紙を送りましたので、何が間違っているのか見てください」
とメモが貼り付けてあった。

しばらくその手紙の宛先を見つめている内に、
あたくしはおかしさがこみ上げてきて、たまらず声を出して笑った。

とてもおかしいのに、涙も出て止まらなかった。
あたくしの宛名が旧姓のままだったのだ。

この日、届いたのは新しい姓で宛名も書いてあったが、
戻って来たと言う手紙には旧姓で書いてあった。
父親とお母さんはそこに気が付かなかったようだ

長い間付き合った姓、
愛着があるのはあたくしも同じだったが、
子煩悩な父親らしいと思ったり、
几帳面なお母さんらしくないと思ったり…

手紙にはあたくしが嫁いだ後の、父親の病状の事、
そして田植えや農作業の近況が細やかに書いてあった。

結婚には反対だったが、
あたくしの幸せを願い、最後には祝福してくれた。

旧姓のままのムスメの宛名に
気が付かなかった父親とお母さんに、
あらためて親の気持ちを想い、遠く離れた事に気が付いた。